日本漢方についてまなぶ

Yakuzenimage

日本漢方を漢方・漢方薬・薬膳の専門家が紹介します。漢方デスクでは、個別のタイプに合わせた様々な漢方の情報が見つかります。

こんな人向け こんな人向け

  • 漢方について学びたい人

ポイント ポイント

  • 日本独自に発達した「日本漢方」
  • 日本漢方の歴史
日本独自に発達した「日本漢方」

漢方というと中国が本場だと思いがちですが、正確に言うと実は、漢方は中国にはありません。
そもそも漢方という言葉自体が、江戸時代に蘭方(西洋医学)に相対する語として日本で造語されたものなのです。
ですから、中国に行って「本場漢方医学」などと称する商品があったら、それは日本人向けの商売だと考えた方が良いと言えます。

日本漢方とは、中国から伝わった中国医学が日本独自に発達したものを言います。
江戸時代の医師たちは柔軟な考えを持っていたので、患者に良いものは取り入れていくという実学の精神のもと、蘭方(西洋医学)も取り入れて融合してきたのが、現在の日本漢方です。
江戸時代の医師たちは、中国での治験のみを信じるのではなく、自分たちの臨床に照らし合わせて一つの漢方薬がどんな体質の人のどんな症状に効くかというデータを積み重ねてきました。
これは日本人の体質にあったデータが積み重なっているということです。

たとえば、日本における葛根湯の処方には「肩こり」という適応がありますが、中国にはありません。
中国では、風邪をひいたときに首筋がこわばる、という状態に対してのみ使用され、日常的な肩こりには使用されないのです。
日本の漢方の歴史の中で、葛根湯が日常的な肩こりにも応用できるということが経験的にわかってきたのです。

日本漢方の歴史

日本漢方とは、5〜6世紀頃に中国から伝来した中国医学が日本独自に発達したものを言います。
室町以前の医療に関する記録はかぎられていて詳細はわかりませんが、室町時代に明に留学して当時の最先端医学を持ち帰った田代三喜(たしろさんき)や、三喜に学んだ曲直瀬道三(まなせどうさん)の医学が一世を風靡しました。
かれらの医学は、のちに後世派(ごせいは)と称されます。
しかしながら現在の日本漢方は、主に江戸時代に形作られたものです。

江戸時代中期に現代の日本漢方の始まりとなる古方派(こほうは)が出現し、まず名古屋玄医(なごやげんい)が古典への回帰を提唱し、後藤艮山(ごとうこんざん)、香川修庵(かがわしゅうあん)、山脇東洋(やまわきとうよう)へとつながり、最終的には吉益東洞(よしますとうどう)が陰陽五行説などの観念的理論を廃し、『傷寒論(しょうかんろん)』に基づいて治療を行い、実学を重んじた医学にリフォームしました。
また東洞は、診察にあたって脈を取らず、「万病は腹に根ざす。これをもって病を診するには必ず腹を窺う」と称して腹診法を重んじました。
腹診法は日本で独自に発達したもので、吉益東洞の学派によって体系化されました。

以後、処方の有用性を第一義とし、臨床に役立つものなら学派を問わず、経験的・臨床的に良所を享受する柔軟な姿勢をとる立場が現れました。
折衷派、漢蘭折衷派などです。
漢蘭折衷派の代表でもある華岡青洲(はなおかせいしゅう)は、確かな記録が残っている限りで世界で初めて生薬の内服による全身麻酔の手術を行いました。
華岡流外科は、漢方だ蘭方だということにこだわらずにすべていいと思うものを取り入れてきました。
このように江戸時代の医師たちは順応性が高く、患者にとっていいものを積極的に取り入れていく実学の精神が息づいていました。
これは、西洋医学を学んだ医師がさらに漢方医学を学んで治療を行う今日の日本漢方にも通じる考えです。
日本漢方の発展・独自化には、少しの揺り戻しはあったものの、基本的には東洞の医学が現在の日本漢方の基となっています。

しかし、明治時代に入ると漢方医学の存続の危機が訪れます。
明治政府により、国家試験に合格しなければ医業開業の許可を与えないとする医師免許規則が制定されました。試験科目は西洋7科に限定されていたため、漢方のみを専門とする医師の存続の道は断たれます。
その後も一部の医師や鍼灸師、薬剤師、薬種商などの尽力により、民間レベルで生き続けました。
戦後には大塚敬節、奥田謙蔵、矢数道明、細野史郎らの努力のが実を結び、医療用漢方製剤の登場により漢方は再び医療の本流に復帰することができました。
そして、現在では148種類の医療用漢方製剤、約200種類の生薬が保険収載されています。

投稿者

Profile watanabe
渡辺賢治先生
お勤めのクリニック

【JR四谷駅から徒歩10分】本格的な漢方治療を希望の方に高品質な生薬を提供します大塚医院は大塚敬節が高知より上京し...


おすすめ漢方クリニック おすすめ漢方クリニック

小田急線経堂駅から徒歩5分。糖尿病や甲状腺の慢性疾患を多く扱う専門のクリニック。幅広く漢方を処方しています。保険適...

【JR四谷駅から徒歩10分】本格的な漢方治療を希望の方に高品質な生薬を提供します大塚医院は大塚敬節が高知より上京し...

京王線高幡不動駅から徒歩5分、漢方専門のクリニックです。保険適用可。経験豊富な漢方専門医である石川先生が院長を努め...


漢方デスクの関連機能 漢方デスクの関連機能

Landing さっそく漢方タイプ診断をはじめる

あなたの体の状態を確認!

大塚医院 医師 渡辺賢治先生 監修のもと作成された漢方タイプ診断であなたの体の状態を確認します。
漢方タイプ診断では「からだのバランス」、「病気に対するからだの反応」といった漢方ならではのタイプが分かります。

Diagnosis chart sample

あなた専用の養生プログラムを提案!

漢方タイプ診断の結果に基づき、あなた専用の養生プログラムを提案します。
養生プログラムには「生活習慣」、「薬膳レシピ」、「おすすめの食材」など様々な種類があります。

Mypage sample

カレンダーで養生プログラムを確認!

養生プログラムをカレンダーで確認できるので予定をスムーズにたてることができます。
実践できたもの、できなかったものもカレンダーで一目で確認できるので振り返り確認も簡単です。

Calendar sample

養生プログラムをメール通知!

毎日メールで養生プログラムが届くので忘れず実践できます。
メールの配信時間は朝、昼、夜から選ぶことができるので自分に合わせて設定しましょう。
※メール通知をしない設定にもできます。

Mail sample

*本プログラムの利用にあたっては、ユーザー登録が必要になります。
さっそく漢方タイプ診断をはじめる

漢方デスクへのご意見をお聞かせください