女性はなぜ男性よりも寒がり?オフィスでできる冷え対策

Hiesho

夏は冷たいものの飲み過ぎや冷房、薄着により身体の内側と外側から冷えやすくなっています。
特に女性は男性よりも冷えやすいため、冷えに注意する必要があります。
女性が男性よりも冷えやすい理由を理解し、オフィスでできる冷え対策をしましょう。

こんな人向け こんな人向け

  • 漢方を日々の生活に取り入れたい人

ポイント ポイント

  • 女性の冷えは意外にも夏でも多い
  • 女性の体感温度が低い理由
  • 冷え対策
  • いかがでしたか?
女性の冷えは意外にも夏でも多い

男性と女性の体感温度には3度の差があると言われています。
服装や体質でさらに体感温度の差は広がり、男性は暑がり、女性は寒がりという構図ができあがります。
女性の身体が男性より冷えやすい理由を理解し、冷え対策をとれるようにしましょう。

女性の体感温度が低い理由

■筋肉量

身体の熱は筋肉から作られます。
女性の身体は男性に比べ筋肉が少ないため、男性よりも熱を生み出しにくいです。

■脂肪

女性は男性に比べて脂肪が多いです。
皮下脂肪は内臓を冷えから守る役割がありますが、血管が少ないため、一度冷えると温まりにくいです。

■月経

月経時には血液の量が減るため、身体が冷えやすくなります。
また、ホルモンバランスの乱れで自律神経の働きが低下し、体温調節がうまくできなくなります。

■服装

女性の服装は男性に比べて肌の露出があるものや、身体を締め付けるものが多いです。
肌を露出する分だけ身体は冷えやすくなりますし、また、締め付けにより血流が悪くなって冷えやすくなります。

冷え対策

この時期の女性の冷えは外よりも屋内で起きる事が多いです。
今回はオフィスでできる冷え対策を紹介します。

■身体を温める食材を食べる

生姜や唐辛子など身体を温める食材を食べましょう。
生姜チューブを持ち歩くといいです。

飲み物にはカフェインの入ったコーヒーやお茶ではなく、白湯や生姜湯を飲みましょう。
カフェインには利尿作用があり、尿の排出とともに体温を外へ逃すので注意しましょう。

■身体を動かす

例えば、移動をする際にエレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うようにしましょう。
筋肉の大半は下半身にあるため、歩くことで熱がたくさん生成されます。
簡単なストレッチでも十分効果的なので、適度に身体を動かしましょう。

いかがでしたか?

夏に冷えを訴える女性は4割もいます。
冷たいものを飲んで、身体の内側から冷やす内臓冷えと冷房などの外からの冷えに気をつけましょう。
身体の冷えは様々な不調の原因となるので、オフィス以外の時間には温活をするように心がけましょう。

投稿者:編集スタッフ

おすすめ漢方クリニック おすすめ漢方クリニック

小田急線経堂駅から徒歩5分。糖尿病や甲状腺の慢性疾患を多く扱う専門のクリニック。幅広く漢方を処方しています。保険適...

【JR四谷駅から徒歩10分】本格的な漢方治療を希望の方に高品質な生薬を提供します大塚医院は大塚敬節が高知より上京し...

京王線高幡不動駅から徒歩5分、漢方専門のクリニックです。保険適用可。経験豊富な漢方専門医である石川先生が院長を努め...


漢方デスクの関連機能 漢方デスクの関連機能

Landing さっそく漢方タイプ診断をはじめる

あなたの体の状態を確認!

大塚医院 医師 渡辺賢治先生 監修のもと作成された漢方タイプ診断であなたの体の状態を確認します。
漢方タイプ診断では「からだのバランス」、「病気に対するからだの反応」といった漢方ならではのタイプが分かります。

Diagnosis chart sample

あなた専用の養生プログラムを提案!

漢方タイプ診断の結果に基づき、あなた専用の養生プログラムを提案します。
養生プログラムには「生活習慣」、「薬膳レシピ」、「おすすめの食材」など様々な種類があります。

Mypage sample

カレンダーで養生プログラムを確認!

養生プログラムをカレンダーで確認できるので予定をスムーズにたてることができます。
実践できたもの、できなかったものもカレンダーで一目で確認できるので振り返り確認も簡単です。

Calendar sample

養生プログラムをメール通知!

毎日メールで養生プログラムが届くので忘れず実践できます。
メールの配信時間は朝、昼、夜から選ぶことができるので自分に合わせて設定しましょう。
※メール通知をしない設定にもできます。

Mail sample

*本プログラムの利用にあたっては、ユーザー登録が必要になります。
さっそく漢方タイプ診断をはじめる

漢方デスクへのご意見をお聞かせください