実証(じっしょう)についてまなぶ

証ってなに?

漢方の診断を始める前には「証(しょう)」を決定しなくてはなりません。
「証」とは西洋医学の診断で決まる「症」とどう異なるのでしょうか?
西洋医学の病名は病気の場所(たとえば肝臓)や病気の原因(例えばがん)を基にして付けられるものですが、漢方の証とは、病気を持つ人間の状態(もともとの体質及び病気に対する体の反応)を分類するものです。
極端な話、病気のない人を分類することもできます。
急性疾患の風邪を例に取ると、西洋医学では、風邪といえばこの薬というように、老若男女を問わず同じように治療します。
しかし、漢方では、同じ風邪でも日頃体力があるのか、胃腸は丈夫なのか、発症してからどのくらい経っているのか、汗が出ているのか、などというように、患者の状態に応じて事細かに治療が分かれます。
このように、同じ病名であっても本人の体質や状態を加味して「証」が決定されます。
西洋病名と「証」はお互いに影響し合いますが、基本的には独立したものです。
漢方デスクでは、「証(しょう)」のことを「漢方のタイプ」と呼んでいます。

どのような状態?

漢方の証の中で最も重要な概念であるものに、「虚(きょ)・実(じつ)」があります。
急性疾患、慢性疾患ともに体力や病気に対する抵抗力を表します。
「虚・実」には厳密に言うと2つの意味があります。
1つは病気がない平常時に基礎体力があるかないかという体質的な虚実であり、もう1つは病気になった時の、それをはね返す力の強弱としての虚実です。
「実」とは、気力が充実して力がみなぎっている状態です。
すなわち、体力があり、病気をはねのける力が強い体質と言えます。

代表的な自覚症状や特徴

普段の体力で判断できる特徴としては、筋肉質、肥満、活発、声が力強い、光沢肌・つや肌、大食、食べるのが速い、便秘、病気になった時に汗をかきにくいなどが挙げられます。

おすすめ読み物

漢方デスクへのご意見をお聞かせください