熱証(ねつしょう)におすすめな食材・食べ方

熱証(ねつしょう)におすすめな食材・食べ方をご紹介します。

145件中 1〜25件を表示中

熱を過剰に発生させると、気が異常な方向に巡り、のぼせやほてりが悪化することにつながります。
緑茶は身体の余分な熱を冷ます作用があります。熱がりの人におすすめです。
ハイビスカスティーは、身体の余分な熱を冷ますはたらきがあります。
身体の余分な熱を取り除いて、イライラや不安感を解消するのに役立ちます。
血行を促し、肌を潤す効果があります。
菊の花には気を巡らせる作用、気逆(きぎゃく)を改善する作用、目の働きを調整する作用があります。
五香粉(ごこうふん)には桂皮、八角、陳皮、クローブ、花椒などのスパイスが含まれています。これらのスパイスは香りが良...
竜眼(りゅうがん)には精神を安定させて不眠を解消するはたらきがあります。気や血を補うので、貧血の改善、疲労回復にも...
酒粕は、お腹を温め、血行を促進するので冷えによる消化不良を改善します。冷え症の改善にも役立ちます。
油を多く使用した料理は、消化に負担がかかります。消化に負担をかけないことは、疲れにくさ、むくみの改善につながります。
天然物には当然旬の時期がありますが、最近はほとんどが栽培物の為、一年中手に入る食材のひとつです。マッシュルームには...
馬肉はその色から桜肉とも呼ばれ、地域によっては郷土食として古くから食されてきました。気を補う作用、血を補う作用が、...
バターは乳の脂肪分を凝固させて作った乳製品で、その原型は紀元前にもさかのぼると云われています。気を補う作用、血を補...
キウイフルーツの収穫量はニュージーランドが群を抜いて多いのですが、その原産国は中国で、アジア地域においても古くから...
春の七草に挙げられる「すずしろ」とは大根の事で、日本でも古来から消化作用をもつ野菜として食されてきました。他にも気...
かぶは大根よりも早く日本に伝わったとされ、品種の多い野菜です。消化不良、腹部膨満、げっぷ、吐き気などの消化器症状に...
世界三大穀物のひとつで、多くは胚乳部分を製粉して小麦粉として用いられています。漢方では粒のまま用い「小麦(しょうば...
そばには気逆(きぎゃく)を治す作用があり、消化不良によるお腹の張りや腹痛を改善します。また少し身体を冷やす作用があ...
びわには水を補う作用、気逆(きぎゃく)を治す作用があります。喉の乾燥、乾いた咳、しゃっくり、胃のムカつき、嘔吐、げ...
日本では酸味が強い為、皮のみを食する事の多い柚子ですが、冬至の日の外用にした柚子湯は馴染みが深く日本人の生活に根付...
日本ではもやしの種に使われてはいるものの馴染みの薄い豆ですが、緑豆はるさめとしてはよく利用されています。緑豆には少...
苦瓜は近年日本各地で栽培され手に入る食材になりましたが、本来熱帯地方で育つ植物なので身体を冷す作用を持っています。
きゅうりは一年中手に入りますが、本来は代表的な夏野菜のひとつです。このような食材は夏に起こりやすい病に対応する能力...
グレープフルーツの名前は果実の実った姿がぶどうに似てる事に由来していると云われています。国産の物もありますが、多く...
ほうれん草には様々な品種があり一年中手に入りますが、旬は冬です。身体を冷す作用、血を補う作用があります。

漢方デスクへのご意見をお聞かせください